ろぽん日和

気ままに雑記ブログ

ろぽん日和 活動休止

ろぽんでございます。 お久しぶりです。 体調が優れず、記事の更新ができておりませんでした。 残念ながら、今も回復しておらず、しばらく長い間、お休みをいただく事になりそうです。 体調のいい時には投稿したいという思いもあるのですが、それも難しいか…

戦争を少し違った角度から考える書籍3選

ろぽんでございます。 戦争を違った角度から考える書籍3選でございます。 戦争における「人殺し」の心理学 ドキュメント戦争広告代理店 情報操作とボスニア紛争 「ものづくり」の科学史 世界を変えた《標準革命》 戦争における「人殺し」の心理学 米国陸軍の…

【書評】アルケミスト 夢を旅した少年

ろぽんでございます。 ブラジル、リオデジャネイロ生まれのパウロ・コエーリョの著書で、本作でハンス・クリスチャン・アンデルセン文学賞を受賞しています。 注記:児童文学のノーベル賞といわれる『国際アンデルセン文学賞』とは別の賞です。 世界的ベスト…

【書評】「ものづくり」の科学史 世界を変えた《標準革命》

ろぽんでございます。 東京大学総合文化研究科教授・橋本毅彦の著作『標準』を軸にした世界史です。 どのように『標準化』と『互換性』がなされたのかを歴史的に描かれています。 物語の概要 最後に 物語の概要 「互換性」は技術者の壮絶な工夫と苦労の結晶…

平成ネット史(仮)の懐かしさと時代の進歩について

www4.nhk.or.jp 年始にNHKで放送されていた前後編に分かれて放送されたネットの平成史。 テキストサイトの大家『侍魂』の健さんが出ると聞いて楽しみに視聴したのですが、健さんのインタビューだけでなく、全体を通して懐かしかったですね。 2時間じゃあ語り…

【書評】ドキュメント戦争広告代理店 情報操作とボスニア紛争

ろぽんでございます。 元NHKディレクター高木徹の書著、NHKスペシャル『民族浄化~ユーゴ・情報戦の内幕~』の取材を元に書かれた本です。ボスニア紛争における情報戦争の裏幕。アメリカのPR会社が果たした役割を描いています。 物語の概要 最後に 物語の概…

【書評】聖の青春

ろぽんでございます。 松山ケンイチ主演で映画化された難病と闘い続け29歳でこの世を去った希代の天才棋士、村山聖のノンフィクション本です。著者は大崎善生で本作がデビュー作となり、妻も女流棋士となります。 読んでいる時に伝わってくる熱量がすごいも…

【書評】戦争における「人殺し」の心理学

ろぽんでございます。 米国陸軍中佐でウエスト・ポイント陸軍士官学校心理学・軍事社会学教授であるデーヴ・グロスマンの著作『戦争における「人殺し」の心理学』の紹介となります。 人が人を殺すメカニズムに対して、中世からベトナム戦争までを紐解き、メ…

【書評】know

ろぽんでございます。 今回はコアなファンが多い野崎まど作品です。 『[映]アムリタ』、『舞面真面とお面の女』『死なない生徒殺人事件』『小説家の作り方』、『パーフェクトフレンド』『2』に代表される天才シリーズが有名ですね。 『know』は少々趣が異な…

【書評】きみに読む物語

ろぽんでございます。 今回は映画で有名なニコラス・スパークスの『きみに読む物語』の紹介となります。 帯の「ボロボロ泣きました。キーワードはないのに、じわじわきます」というように感動の恋愛小説です。 物語の概要 物語が伝えてくれるもの 物語の概要…

キャッシュレス社会を生きる~Amazon goの登場、中国のQRコードの実態、ロイヤルHDの実験~

ろぽんでございます。 今回はお金についての話題で『キャッシュレス』を取り上げたいと思います。 日本においても消費税10%に引き上げる際、クレジットカードやスマートフォンでのQRコードでのキャッシュレス決済をした場合、2%分をポイントで還元し、その…

『ドキュメント72時間 年末2018』は場所に集う人々の人生に心を打つ。

年末恒例となっている『ドキュメント72時間 年末2018』年内に放送されたドキュメントの中から視聴者がもう一度視たいドキュメントを選ぶトップランキング10。 出演者は吹石一恵、山田五郎、鈴木おさむが司会を務めます。 一つの場所を軸に72時間取り続け、そ…

感動を呼びこむ音楽漫画5選~人生を織り成す物語~

ろぽんでございます。 今回は漫画を取りあげさせてもらいます。 今まで読んだことのある音楽漫画の中でも、登場人物の人生や生き様が音楽で表現されている漫画を選ばせて頂きました。多くの読者を感動させる力を持っている漫画だと思うので紹介させて頂きま…

2018年12月を振り返って

ろぽんでございます。 今年も今日で終わりですね。 時間がたつのははやいものです。 今日は12月の振り返りを行いたいと思います。 12月の記事の種類について なんとか毎日記事を書く事ができました。とりあえず100記事までは毎日書くようにしたいですね。今…

人間の限界を考えさせられる書籍3選

ろぽんでございます。 書評も2018年12月30日現在、24記事となりました。 その中でこの人すごいな。この状況でここまで出来るんだ。 人間ってこれだけの可能性があるんだ。 一見して超人のようにはみえない人たちだからこそ、そう思わされました。 自分の限界…

神戸の隠れ家的お店とんかつとかつ丼がおいしい播磨

ろぽんでございます。 今回はとんかつとかつ丼がおいしい播磨の紹介です。 JR垂水駅徒歩圏内でありながら、この場所にお店があることをほとんど知らないんじゃないかと思えるくらい細い路地を入ったところでひっそりと営業されています。 店内もカウンター席…

うなぎの蒲焼が新鮮でやわらかい明石でうなぎといえば『うなぎ黒谷』

ろぽんでございます。 明石といえば、あなごが名産なのですが、観光地で有名な明石魚の棚にある『黒谷商店』では新鮮なうなぎを仕入れ販売しています。その黒谷商店がプロデュースする『うなぎ黒谷』に行ってきました。 メニューはシンプルで、一品もののう…

【書評】絶対幸せになる!家づくりの基本125

ろぽんでございます。 いちばん最初に読んでおきたい家づくりの入門書というキャッチコピーが書かれた建築知識という雑誌で有名なエクスナレッジ出版の書籍です。 その名の通り、家づくりに必要な知識を10章だてで125あげています。 1章 ベストな依頼先 2章 …

【小説】別れのクリスマス

「ばいばい」といつものように君は去っていった。 まるで近くのコンビニによるかのような気楽さで扉は閉まる。 二度とその扉は君の手で開かれることがないことを知っている。 喜びも悲しもすべて分かち合ったと思えるほど好きだったことを忘れる事はできない…

コストコでのお気に入り~デザートのような美味しさダノンジャパン オイコス ギリシャヨーグルト~

ろぽんでございます。 乳製品が好きなのですが、コストコのヨーグルトの試食で「うまい!」と即決で買ってしまった『ダノンジャパン オイコス ギリシャヨーグルト』の紹介です。 毎朝、この一品が増えたことにより、朝食の楽しみができました。 健康にもいい…

ファミリーレストランで美味しいパフェを食べるならロイヤルホスト。

ろぽんでございます。 今回はロイヤルホストのパフェの紹介です。 個人的にファミリーレストランの中で一番好きなお店です。 子どもの頃、初めて食べたパンケーキの美味しさを今でも覚えています。 ロイヤルホストは1971年、北九州市にロイヤルホスト1号店を…

コストコでのお気に入り~バタークッキー好きにはおすすめ・コスパよすぎるケルセン バタークッキー 2LB 908g~

クッキー大好き人間、ろぽんでございます。 洋菓子店なんかにいくと、みんながケーキを見に行く中、一人焼き菓子コーナーへと足を向け、クッキーをケーキより優先してチェックしたりします。なんか、焼き立てのパンをみているのと同じで見ているだけで、ちょ…

2018年買ってよかったもの~ぜひ知ってほしい鋳物ホーロー鍋バーミキュラの誕生秘話~

ろぽんでございます。 本日は2018年を振り返って、買ってよかったものの紹介をさせて頂きます。 それは名古屋の町工場「愛知ドビー」が生んだ鋳物ホーロー鍋バーミキュラです。 野菜の水分だけでスープができる「魔法の鍋」です。 野菜本来の味を引き出し、…

【書評】SAVE THE CATの法則 本当に売れる脚本術

ろぽんでございます。 ブレイク・スナイダー著作の米アマゾン脚本術部門で売上No.1のベストセラー本です。 ベストセラーコードの解説において、紹介されていた書籍でもあり、その流れで今回、読了した一冊になります。 徹頭徹尾、ハリウッドで売れる脚本を書…

【書評】破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

ろぽんでございます。 僕は、「絶対に倒産する」と言われたオンデーズの社長になったというキャッチフレーズが的にはまっている、オンデーズ社長 田中修治 著作のエンターテイメントビジネス書です。 一言、面白かった。 本当に面白かった。 約500ページある…

神戸まちかど中華の名店 老虎菜(ラオフーツァイ)を堪能してきました。

ろぽんでございます。 神戸の中華有名店 老虎菜に行ってきました。 どれをオーダーしても文句なしに美味しく、神戸の摂津本山駅のはずれにひっそりとありながらも、料理、接客のレベル含めて、大満足のお店です。 老虎菜「年老いた虎は大人しいと思ってても…

忘れ去られた少年にとっての理想のピザ。

子供時代ピザはほとんど食べられなかった。 普通の子供の例に漏れる事無く、ハンバーガーなんかと同じく、味の濃い、舌をガツンと喜ばせてくれる存在に、どうしようもなく心惹かれていた。 けれど、ジャンクフードを好ましく思っていなかった母親は息子に買…

【書評】ベストセラーコード 「売れる文章」を見きわめる驚異のアルゴリズム~AI活用~

ろぽんでございます。 昨日の記事で触れたベストセラーコードの書評となります。 www.roponbiyori.com 『ダ・ヴィンチ・コード』、『ミレニアム』シリーズ、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』などのベストセラーの黄金の法則をAIによって探っていく、…

小説におけるAIの関わり方についての雑感~小説家になろう、星新一賞、ベストセラーコード~

、 ろぽんでございます。 こういった記事を読みました。 nus-miz.hatenablog.com そういう事が出来てしまう時代なんだなと、感心しました。 AIで異世界転生系というジャンルを書けちゃうんだという感じです。 試みが面白いし、実際投稿されている小説も興味…

【小説】お兄ちゃんと妹~妹サイド~

お兄ちゃんが休日にリビングのソファーでくつろいでいる。 大きな犬が丸まったような姿に思わず頬がゆるむ。 けれど、スマホの内容が女子との連絡と見えて、目が自然と細まってしまう。 これくらいの距離なら、書かれている内容にも目が届き、許しがたいやり…